ドラクエ2は恐ろしい難易度だった記憶ばかりがよみがえる

シェアする

ハーゴンの塔

とどでございます。

ドラクエ1の思い出も語ったし、ドラクエ2もやっとかないとねってことで、ドラクエ2の思い出も語ります。

一言に集約するなら、「難しかった」です。

バランス調整がされてないと噂されるレベルで鬼畜なロンダルキアがよく話題に上りますが、個人的にはムーンペタ周辺でラーの鏡を探している辺りがきつかったです。

まぁFC版はクリアしてないんですけどね!

広告

目次

  1. 初めてクリアしたのはやっぱりGB版
  2. 復活の呪文
  3. いやー さがしましたよ。
  4. マンドリルの恐怖
  5. 船の財宝が見つからない
  6. アレフガルドに上陸
  7. 世界を放浪
  8. ロンダルキアへの洞窟
  9. ハーゴンの神殿
  10. この道わが旅
  11. モンスターズ+でもちらっと
  12. 現在の入手方法・遊ぶ方法
  13. まとめ

初めてクリアしたのはやっぱりGB版

前回の使いまわしみたいな見出しですが、やっぱり初クリアはGB版。

初挑戦はFC版のドラクエ2だったものの、ムーンペタ周辺でムカデやマンドリルに蹂躙された思い出。確かムーンブルグの王女を仲間にして、船に乗ったところまでは進んだのですが、船の財宝が見つからずに心折れた記憶があります。

確かそのあたりで、復活の呪文を間違えてメモしちゃって何時間か分のレベルアップが消えたのもその要因かも。「」と「」を間違えたんだと思う。

GBのⅠ・Ⅱを買ったので、そこでリベンジしました。FC版が凶悪な難易度だった記憶しかないので、GB版は思いのほかサクサク進みました。

復活の呪文

今考えてみても面白いシステム。パスワードでゲームの進行状況を記録するのは幼心に感動しました。

もょもとなんていう救済措置もありますし。

利便性だけなら間違いなくセーブする方なんだけど、LoveSong探してを聞きながら一生懸命復活の呪文を入力しているのもまた風情を感じた訳です。いとをかし。

ちなみにLoveSong探してを歌っていた牧野アンナさんはアイドルを辞めた後は沖縄でダンスのインストラクターをしたり、最近ではAKBグループの振り付けをしているそうな。

いやー さがしましたよ。

ドラクエ2を象徴する言葉と言ってもいいかもしれません。あんたどこほっつき歩いてたんですか。

とは言えサマルトリアの王子だってこっちを探してたんだから、しょうがないかも。ドラクエ4コマではよくネタにされていましたね。

パーティ加入時にセリフがあるのもいいですね。

マンドリルの恐怖

何度も同じ話をして申し訳ないですが、ムーンペタ周辺が一番きつかったんです。

その原因がマンドリル。サマルトリアの王子はだいたいこいつにやられてました。ムーンブルグの王女が加入してからは、一番警戒しなきゃいけない敵です。

ムーンブルグの王女はなんとレベル1でパーティ加入となるため、運悪くマンドリルに会おうもんなら、一撃でやられてしまいます。

GB版ではそれほど脅威ではなかったものの、FC版で恐怖を刻み込まれていたためか、MPを気にせず常に全力で戦っていました。ガンガンいこうぜです。

船の財宝が見つからない

マンドリルに何度も強制送還されながら、辛うじてルプガナに辿り着けば、今度はグレムリンの洗礼。とは言っても、宿屋に泊まったおかげで負けたことはなかったけど。

問題はここからで、船を入手すると行ける場所が増えるんですよね。これはわくわくする反面、下手に見知らぬ土地に行ってしまうと、超強力な敵にボッコボコにされる恐怖もあります。

でもって一番きつかったのが船の財宝を見つけること。これがないとやまびこの笛が手に入らないので、初プレイでは紋章の場所が分からず\(^o^)/になります。

海の敵がこれまた強く、しびれくらげとかうみうしとか、やばい敵がわんさか出てきましたね。

アレフガルドに上陸

ここからはGB版準拠。まず上陸したときにフィールドのBGMが変わるのが良かったです。直前にGB版のドラクエ1をやっていたので、「おおっ」となりました。

FC版のドラクエ1をやって、FC版のドラクエ2を待ち望んでいた世代にとっては特に感動ものの演出だったことでしょう。

世界を放浪

FC版で見られなかったその先を楽しみながら進めました。FC版が嘘のように進むんですよね。ドラクエ4コマを読んでいたせいか、イベントもなんとなく進めやすかったです。

サマルトリアの王子が倒れたときはきつかったですが、なんとか噂のロンダルキアへの洞窟まで辿り着きました。

ロンダルキアへの洞窟

洞窟自体が長いし、出てくる敵も強いしで多くのトラウマを生み出したロンダルキアへの洞窟。FC版は鬼のような難易度だったと言われていますが、リメイク版だって十分きつい場所でしたよ。

稲妻の剣を見つけるためにうろついていたら、ドラゴンに「上手に焼けましたー」されるのも恒例行事。さらには抜けた先でギガンテスやブリザードが待ち構えていて、油断して即強制送還になって、あの長い洞窟を「もう1回遊べるドン!」してくれる粋な仕様。

ここでコントローラーを投げてもしょうがないと思う。うん。

ハーゴンの神殿

このゲームをやってた頃は見たことなかったんですけど、大人になって東京に行ってから気づきました。ハーゴンの神殿ってフィールドでの見た目が都庁ですね。

そんなハーゴンの神殿では、階段が見つからなくて心折れた人もいたはず。私も人に聞いてやっと2階に進めました。でもって途中で待ち構えている中ボスたち。これがまたえげつない強さ。細部までこだわった心折設計です。

後になって知ったのが、この中ボスたちがドラクエ2のサブタイトルの「悪霊の神々」だそうで。ベリアル、バズズ、アトラスと、確かに神様や悪魔に関係のある名前ですね。最後が特に

この道わが旅

ダイの大冒険でも流れていた名曲。ドラクエ2は他の作品と比べて歌モノのようなBGMが印象的。

3人そろった後のフィールドの曲(果てしなき世界)も良いですね。

モンスターズ+でもちらっと

漫画モンスターズ+でもドラクエ2の3人組が出てきました。破壊神を破壊した男、なんて言われて恐ろしい強さを見せたローレシアの王子。

確かに破壊神を倒しちゃってますからね。一般人からすれば畏怖の対象です。ドラクエ1の時代はレベル30が成長限界だったのに、3人ともそれを越えちゃってますし。

結局一般人に怖がられたのってバズズのせいだったので、3人そろった後は何とかなるでしょう。彼らなら手を取り合っていけます。

現在の入手方法・遊ぶ方法

2017年1月現在、最も簡単にドラクエ2をプレイする方法は、ドラクエ1と同様、スマホアプリを入手することでしょう。ドラクエポータルアプリをインストールしたあと、500円で買えます。ドラクエ1よりはちょっとお高め。

復活の呪文で遊ぶ場合はファミコンのカセットを入手するのをおすすめします。Amazonだと中古でソフトのみ200~300円くらいですかね。Wiiを持っているなら25周年記念の1・2・3を入手するのもあり。こっちは結構お高めかも。

お手軽にプレイしたいならスマホ版、雰囲気を味わいたいならファミコンやスーファミのソフトを入手するのがおすすめ。

まとめ

ドラクエ1に引き続き、ドラクエ2の思い出。語りだせばきりがないですが、あの敵の強さがあったからこそ、印象に残った部分も多いかもしれません。

FC版でエンディングを見た勇者たちには頭が下がります。

そして加入時に仲間のセリフが用意されているなど、ロト3部作の中では仲間のキャラクターが立っている作品でした。この辺りもドラクエ2ならではの魅力だと思います。

広告