ヨッシーアイランドの点数評価は子供の心をうまく突いていた

シェアする

スイカの種飛ばし

とどでございます。

ヨッシーアイランドと言えば、マリオワールドで初登場したヨッシーが操作キャラとなったスピンオフ作品です。ヒゲのおっさんマリオが赤ちゃんになっているというのも斬新でした。

何といっても子供心に響いたのは、ステージクリア時に100点満点で評価されること。勉強でいつも100点を取ろうと頑張る子供たちにとって、ゲームで100点を取れちゃうなんて嬉しいことだったのです。勉強で100点なんて、そう頻繁に取れませんからね。

絵本調の画面からは想像しにくい鬼畜ステージなんかもありますが、その辺のバランスも良かったと思います。

広告

目次

  1. 初出はスーパーファミコン
  2. ステージ名が面白い
  3. ヘイホーがいっぱい
  4. 氷のスイカが好きでした
  5. タマゴはなるべく赤色で
  6. とにかく100点が取りたかった
  7. 現在の入手方法・遊ぶ方法
  8. まとめ

初出はスーパーファミコン

ヨッシーアイランドが初めて発売されたのはスーパーファミコン版でした。当時このソフトを持っている人の家に集まって、みんなで交代でやっていたのを思い出します。

売れた任天堂系作品と同様に、ゲームボーイアドバンスに移植されています。ニンテンドーDSではヨッシーアイランドDSとして、この作品の続編が出ていますね。

ステージ名が面白い

「タマゴをつくって なげろ」とか、「ノコノコとパタパタがいた」といった感じで、ステージ名が付いています。中でも面白いのはスペシャルステージ。「このバカイヌと いわないで」とか「もうやめて!おさるさ~ん!」なんていう名前です。子供の私にとってはツボでした。

名前に似合わずステージの難易度は高めなので、100点が取れず何度もやり直した記憶があります。

ヘイホーがいっぱい

マリオUSAで登場したヘイホーがいっぱい出てきます。竹馬に乗っていたり、やりを持っていたり、空を飛んでいたりと多彩な種類のヘイホーがいます。

元々夢工場ドキドキパニックで登場したキャラですが、マリオUSAになった際にマリオシリーズに統合され、今作で至る所に出現する大躍進を遂げました。

あの愛嬌のある仮面を被っているとかわいいキャラクターのように見えますが、中身は謎なんですよね。もしかしたら、おっさんが入っているかもしれないなんて思うと、純粋な目でヘイホーを見ることができないのです。

氷のスイカが好きでした

いろんなゲームでもそうなんだけど、氷系の技が好きなんです。なんかこう、クールでスタイリッシュな感じで。しゃくねつよりかがやくいき派です。

ヨッシーアイランドでも氷のスイカがありました。食べると氷の息を吹きかけて、敵を凍らせることが出来るのです。ステージ内で手に入れることよりも、隠しコマンドでスイカを手に入れていたことの方が多かったかな。

やること無くなった後は、スイカの種飛ばしを延々とやっていた記憶もあります。

タマゴはなるべく赤色で

ヨッシーが生むタマゴは、反射させると色が変わって特殊なタマゴになるんですよね。中でも赤色のタマゴは割れると星のお守りが出てくるので、点数稼ぎに最適でした。点数評価がある以上、いい点を取りたくなりますからね。

ゴール周辺で足りない点数を補強してました。たまに赤タマゴを作ろうとして敵に当たるなんていう本末転倒なこともありましたけど。

とにかく100点が取りたかった

満点、なんていい響きじゃないですか。特にめったに満点なんて取れない子供時代には魅力的な響きでした。まぁゲームも勉強も後になるにつれて満点を取れる確率が下がっちゃうんですけど。

星のお守りで30点、赤コインで20点、花が5枚で50点という、やたら花だけ点数配分が多い採点形式でした。結構隠れているので取り逃しやすいところ。時間制限が無いのが救いでしょうか。

敵に当たるとお守りが減っちゃうので、後半の方は結構シビアでしたね。

自分のプレイが評価されるのは、モチベーションに繋がりますね。デビルメイクライとかもそうですし。

現在の入手方法・遊ぶ方法

Wii Uがあればバーチャルコンソールでの入手が楽かもしれません。Wii Uの場合はゲームボーイアドバンス版のスーパーマリオアドバンス3が702円でダウンロード可能です。

3DSでは残念ながら出ていないようです。アンバサダープログラムではもらえたようですが今となっては入手手段がありません。

スーファミ版のソフトを中古で入手するにはスーパーファミコンが必要だし、マリオアドバンス3を入手するにはゲームボーイアドバンスか3じゃないDSが必要だし、と遊ぶまで若干ハードルがありそうです。

いっそ続編のヨッシーアイランドDSやヨッシーNewアイランドで雰囲気を味わうのもいいかもしれません。

まとめ

ヨッシーアイランドの思い出。その絵本のような雰囲気が大好きでした。キャラクターがかわいい割りに難しいステージもいい思い出です。

広告