まずは5分で、いいんです。やり始めに全力を出すお気楽勉強法

シェアする

tired

「ウッヒョー勉強楽しいぜー!」とか、「大変な勉強とか最高なんですけど!」という方には向かないですが、「勉強とかしんどいし、きついっす」って感じの方に向けたお気楽な勉強方法をお伝えします。

受験がまだ先で、普段の勉強に身が入らない、なんて方におすすめの、勉強の取っ掛かりに関するお話です。既に受験を控えている方は、自然と勉強しているかと思うので、別のページの勉強法がいいかもしれません。

広告

目次

  1. その勉強法とは
  2. 本当に大丈夫なの?
  3. いやいや、5分じゃ短いって!!
  4. まとめ

その勉強法とは

お気楽勉強法、その方法は簡単です。

それは……毎日5分だけやってみること、です。ね? 簡単でしょう?

もしあなたが部活の練習をしていれば、家に帰る頃にはへろへろになっちゃいますよね。「あれも勉強しなきゃ」、「これも勉強しなきゃ」と思いながらも、課題が出ていなかったらついつい寝てしまったり……。

このように、結局何もしないで寝てしまう日があるのであれば、たった5分でもやることに意味があります。

スマホのゲームで、ログインボーナスをもらうのと同じ感覚で構いません。
ログインするとの同じように、教科書だけ開いて、なんとなく5分くらい中身を眺めてみる。
いやいや、いっそ教科書すら開かなくて良くて、その日とったノートを見返してみる。
何なら、教科書を開いた、ノートを見返した、という行動に応じて、自分にご褒美をあげてもいいかもしれません。

そんな感じでいいので、まずはちょっとやってみるだけでいいのです。

本当に大丈夫なの?

最初はこんな感じで問題ありません。大切なのは、まったく勉強しない、なんて日をなくすことです。

人間の脳は不思議なもので、同じ情報に何度も触れると、大事な情報だと思って記憶しやすくなるのです。逆に言えば、情報に触れない日があると、その分だけ忘れていってしまうのです。

毎日たった5分でも、教科書を眺める、ノートを見返すことで、記憶に残りやすくなります。

いやいや、5分じゃ短いって!!

このように感じたならば、ちょっとずつ時間を伸ばしていけばOKです。

やり始めた後に、もし気分が乗ってきたらもう少しやってみる、という気楽な感じが良いでしょう。

決めておくのは、毎日最低5分だけ勉強をする、これだけです。

毎日やらなきゃいけない勉強時間を長めにしてしまうと、それが負担になってしまい、始めにくくなってしまいます。

「毎日1時間、みっちりと勉強することを強いられているんだ……!」と思って勉強を始めるのと、「毎日5分だけ……5分だけでいい……!」と思って始めるのでは、気の持ちようが全然変わります。

まとめ

最初は、みっちり勉強しなきゃ、なんて重く考える必要はありません。まずは気楽に、ちょっとやってみるだけでいいのです。

そして気分が乗ったらもう少し時間を延ばしてみる、というので大丈夫です。大事なのは、毎日ちょっとでも続けてみること。

ログインボーナスのように、続ければ続けるほど、より大きな力があなたのものになるでしょう。

広告

シェアする

猫が主役のアプリがリリース!