「 おんな城主直虎 」一覧

直虎41話「この玄関の片隅で」万千代の企みを見事に潰すおとわ様

直虎41話「この玄関の片隅で」万千代の企みを見事に潰すおとわ様

直虎の行動が水戸黄門の印籠的な位置づけに。 完全に万千代が主人公で、直虎はメンター枠ですね。 スターウォーズのヨーダ的な立ち位置になってきました。

記事を読む

直虎40話「天正の草履番」足元に草履をシュート! 超エキサイティン!!

直虎40話「天正の草履番」足元に草履をシュート! 超エキサイティン!!

もう主人公は直政だね! って思っていたら、家康と直接お話しちゃった直虎。 まだまだいないと困る存在でした。 本文では触れませんでしたが、今川氏真もいい味出してましたね。 戦ではない戦い方を見つけたようです。

記事を読む

直虎39話「虎松の野望」日本一の草履番に、俺はなる!!

直虎39話「虎松の野望」日本一の草履番に、俺はなる!!

虎松は井伊の名前を復興させるべく、家康の前で「井伊の虎松だ」と宣言しちゃいました。 この後草履番から徳川四天王までのしあがるのはお見事。 でももう虎松に焦点が当たってるから、「おんな城主直虎」は終わりに近づいてきてますね。 関ヶ原の頃には直虎いないしなぁ……どのイベントまでやるんだろ。

記事を読む

直虎38話「井伊を共に去りぬ」さよなら龍雲丸。根に持つ虎松の帰還

直虎38話「井伊を共に去りぬ」さよなら龍雲丸。根に持つ虎松の帰還

武田信玄が急逝し、取り巻く環境が急変した井伊。 直虎は一度は堺行きを決めたものの、井伊を気にして本心から乗り切れていませんでした。 話し合いの結果、龍雲丸と別れを告げ、井伊で暮らすことを決意します。 そして時が過ぎ、成長した虎松が井伊にやって来ました。

記事を読む

直虎37話「武田が来たりて火を放つ」高瀬がまさかのアサシン(未遂)

直虎37話「武田が来たりて火を放つ」高瀬がまさかのアサシン(未遂)

井伊は解散したものの、周りの武将たちが大人しくしているはずもなく。 武田信玄は相変わらず暴れまわっていますね。 なかなか巻き込まれる立場からは脱せていない井伊、そして直虎でした。

記事を読む

直虎36話「井伊家最後の日」まさかの龍雲丸が大勝利! ……まじかよ!!

直虎36話「井伊家最後の日」まさかの龍雲丸が大勝利! ……まじかよ!!

井伊が解散し、それぞれの道へ。 ワンピースだって麦わらの一味が解散してたし、修行期間は必要ですよね。 直虎は修行というよりは休養みたいな感じですけど。

記事を読む

直虎35話「蘇えりし者たち」政次は皆の心の中に生きている

直虎35話「蘇えりし者たち」政次は皆の心の中に生きている

政次は皆の心の中に生きていました。 気賀で敵に刺された龍雲丸も意識を取り戻しました。 自分らしい生き方を失っていた氏真は、勇気を持って和睦を受け入れることで、自分本来の生き方を取り戻しました。 蘇えりし者たち、というのはこういうことだったんじゃないかな。

記事を読む

直虎34話「隠し港の龍雲丸」去った政次、失意の直虎、気賀の危機

直虎34話「隠し港の龍雲丸」去った政次、失意の直虎、気賀の危機

政次が去って、直虎はまだその現実を認められないでいました。 そこに、井伊にとって更に困難な状況がやって来ます。 徳川と結ぼうとした気賀に、今川の兵がやって来ました。 気賀の民を救うために奮闘した龍雲丸でしたが、その運命は。

記事を読む

直虎33話「嫌われ政次の一生」比翼連理の鶴、おとわ。最期は愛する人の手で

直虎33話「嫌われ政次の一生」比翼連理の鶴、おとわ。最期は愛する人の手で

政次が命を懸けてでも守りたかった井伊、そしておとわ。 彼は身を投げ出して、それを守りました。 世の人からの誹りをその身に引き受けながらも、愛する人が一番近くにいてくれるまま逝った彼は、幸せだったのかもしれません。

記事を読む

直虎32話「復活の火」井伊と小野はふたつでひとつ! でもフラグが……

直虎32話「復活の火」井伊と小野はふたつでひとつ! でもフラグが……

今回、これでもか! というレベルでフラグを立てまくっていた政次。 あぁもう今から来週の放送が怖いです。 でも目を逸らさず、政次の生き様を最期まで見届けたいところ。 あ、そういえば3話から言い続けてきた「今川館が焼け落ちる」がやっと実現されましたね。

記事を読む