記事一覧

シェアする

勉強法や心構えをご紹介します。あなたの勉強のレベルアップにつながれば幸いです。ゆるい話も書いてるので、気軽に読んでもらえると嬉しいのでございます。

直虎12話。我こそは城主直虎! ドラマ名がサブタイトルになる盛り上がり

直虎12話。我こそは城主直虎! ドラマ名がサブタイトルになる盛り上がり

井伊家の多くの人々が去って行きながら、それでも一筋の光が差した回でした。タイトル回収はやっぱり熱い気持ちになります。序盤の山場を迎え、これから城主としての下積み期間に入ることが予想されます。井伊を取り巻く環境も大きく変化するので、その中でこの直虎がどう動くのか、楽しみです。

記事を読む

直虎11話。さらば愛しき人よ! 直親と政次、父と同じ道を辿るふたり

直虎11話。さらば愛しき人よ! 直親と政次、父と同じ道を辿るふたり

直親の早い退場にビビりましたが、次回はいきなりタイトル回収。正直早い気もしますが、これからが本番という事でしょう。ドラクエ5も、グランバニアに辿り着いて王位を継承してからが本番みたいなところがありますし。桶狭間あたりからテンポが良くなってきている感じがあります。

記事を読む

直虎10話。日々是好日は禅の言葉。名探偵直親も活躍しました

直虎10話。日々是好日は禅の言葉。名探偵直親も活躍しました

おとわが昊天さんから聞いた日々是好日(にちにちこれこうにち)が上手くストーリーに絡んでいたように思います。おとわの寺属性が生きていると厚みが出る気がします。

記事を読む

直虎9話。敗者から見た桶狭間。今川義元は報告の中でやられてたよ

直虎9話。敗者から見た桶狭間。今川義元は報告の中でやられてたよ

井伊家にとって大きなターニングポイントになった桶狭間。学校の教科書では負けた側の様子は描かれないため、こちらの立場を考えることができたのは大きいです。ここから更に動乱に巻き込まれていく井伊家。辛いさ中にも、次の世代を担う命が生まれようとしています。

記事を読む

直虎8話。「赤ちゃんはまだか」戦国時代特有の大きな悩み

直虎8話。「赤ちゃんはまだか」戦国時代特有の大きな悩み

少女漫画的な展開から発言小町的な展開へ。大人になる以上、子供の時に見えていなかった様々な問題に直面していきます。直虎自身は出家しているのでそうした事情から離れているものの、周りの人が直面しているのを目の当たりにします。

記事を読む

「4作目は大きな転換点」に該当するロックマン4。新たな試みの導入

「4作目は大きな転換点」に該当するロックマン4。新たな試みの導入

ドラクエやFFなどのシリーズもので見られるように、4作目は新たな要素を取り入れた転換点となることが多いです。このロックマン4でもチャージショットが導入され、その後のシリーズの方向を決めました。

記事を読む

直虎7話。「検地がやってきた」のは太閤検地ではありませぬ

直虎7話。「検地がやってきた」のは太閤検地ではありませぬ

今回の主眼は今川による検地から川名の隠れ里を守るという点でしたが、ぶっちゃけてしまえば脱税なんじゃないかと。小野政次の頭脳が無かったら切り抜けられていませんでしたが、そもそも下手に裏をかこうとするのがよろしくない気がします。

記事を読む

恐怖の合言葉「失敗したらどうしよう」が行動できないあなたを作る

恐怖の合言葉「失敗したらどうしよう」が行動できないあなたを作る

これから何か行動を起こす時に不安を感じるのはしょうがないことです。そんな自分を認めてあげて、不安に思う点を明確にしちゃいましょう。 正体がはっきりと分かれば対策が立てられます。そうすると、安心感が生まれる上に、結果を受け止める準備もできるので、目標を達成した姿だけイメージするようになります。

記事を読む

直虎6話。中と伯の話はオリジナルエピソードの例え話だと思う

直虎6話。中と伯の話はオリジナルエピソードの例え話だと思う

前回の亀之丞の意気揚々とした帰還に比べて、しょんぼりするシーンが多かった6話。ここから井伊家は時代の奔流に飲み込まれていくわけですが、それも見届けたいところ。

記事を読む

あなたがアイディアを生み出す時にすべきでない3つのこと

あなたがアイディアを生み出す時にすべきでない3つのこと

アイディアを生み出すときに、すべきではないことって考えたことありますか? そのポイントは「情報量の多すぎ少なすぎ」、「記録しない」、「焦っている」の3点です。

記事を読む