西郷どん第27話「禁門の変」こんちきちんなヒー様と長州藩の長州力

シェアする

ヘイ彼女! ギオンパーリィで俺とこんちきしない?

とどでございます。

ヒー様はこんちきしてました。ヒー様の命を狙っていたのは、ヒー様の出身藩である水戸藩でしたね。藩の人間が藩主の息子を狙ってくるとは世も末です。あ、江戸の末か。

ヒー様は西郷さんに「もう誰を信じたらいいか分からない……! お前だけは俺の味方でいてくれ……!!」とヤンデレヒロインみたいなことを言い始めました。

今回は長州藩と他の藩がぶつかった禁門の変が発生。長州藩の指揮官が長州力とかNHKさん安直過ぎませんかねぇ……? ラリアットまでかましてましたし。

去年はスイーツ真壁が出てましたし、NHKの大河制作班にはプロレスファンが参加したのでしょうか。あ、演技は普通にいい感じでビビりました。

広告

前回のあらすじ

西郷どん第26話「西郷、京へ」ヒー様疑心暗鬼で病んじゃったよオイ
西郷どん第26話「西郷、京へ」ヒー様疑心暗鬼で病んじゃったよオイ
沖永良部島から帰還し、いろんな勢力と思惑が渦巻く京へと再び舞い戻った西郷さんはヒー様こと一橋慶喜と再会する事ができました。でも一橋公を狙った天誅が発生、疑心暗鬼になったヒー様は何だか病んだ感じになっちゃいました。怖い。

朝廷、幕府の人で構成される参預会議が開かれたものの、ヒー様の考え方がコロコロ変わって振り回される面々。結果として参預会議はうまくいきませんでした。

特に反りが合わなかったのが、ヒー様と薩摩の国父である島津久光。久光は怒り新党で「俺もう帰る! ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!」と薩摩に帰ろうとします。

なんとか話し合いをさせるため、一橋邸に赴く西郷さんでしたが、あえなく門前払い。どうやら一橋邸の周りをうろつく不審な人たちを警戒してのことのようでした。

しかし、第2話で借金のカタに連れて行かれたおふきがヒー様の側室となったことで、彼女を通じてヒー様と再会する事ができました。

斉彬様のように民を思いやる熱い気持ちでヒー様の心を動かし、再度久光と会って話をしてくれることに。

と思いきや久光は「もう薩摩行くからお疲れちゃーん」と帰ってしまいました。

それと同時期に一橋邸に襲撃をかける輩が。ヒー様を狙った暗殺で家臣が身代わりになったことで、ヒー様は疑心暗鬼に。

今回はこんな話

今回のハイライトはこちら。

  • 一橋邸の周りをうろついていた物乞いは長州藩の桂小五郎でした。
  • 第3話で助けた少年・半次郎が成長していました。
  • 桂小五郎と面会し、長州藩と手を組めるかも、とヒー様と引き合わせる西郷さん。
  • ヒー様先週は「下手人などどうでもいい!」と言ってたのに、ちゃっかり調べてました。
  • でもその正体はヒー様の出身藩である水戸の者でした。
  • 長州藩が御所を襲おうと計画していたところ、新撰組に嗅ぎつけられて禁門の変が発生。
  • 薩摩藩も戦わないといけない状況に。
  • 西郷さん、初陣で足に被弾。

今回も気になる所を中心に。

桂小五郎が登場

先週、ヒー様の家臣である平岡が斬られてしまった時にいた謎の物乞い。その正体は桂小五郎でした。

桂小五郎は長州藩の武士なので、京都で「薩賊」と触れ回っている人たちと同じ藩です。薩摩にとっては敵。お互いに考え方が合わない感じなんです。

薩摩は「攘夷!」としきりに叫んでましたが、薩英戦争でイギリスの強さを知り、彼らから学ぶ方向に切り替えました。なので、外国をやっつけるぞ勢力の攘夷派とはちょっと違う方向なんです。

対して長州藩は「何が何でも攘夷じゃ!」というスタンス。「攘夷を叫んでいた薩摩が何日和っとるんじゃ!」と薩摩憎しです。しかも、禁門の変が起こる前の年(1863年)、「お前ら薩摩がやらないなら俺たちがやる!」と公家まで巻き込んで攘夷実行を狙ったものの、公武合体で穏健に開国したい孝明天皇や薩摩に阻止され、京都にいられなくなってしまいました。

国の行く末を決める中心地となる京都にいられなくなったらさぁ大変。あのにっくき薩摩は京都にいてのほほんとしているのに、俺たちはこんな憂き目に……と「薩賊」の張り紙をして嫌がらせしていたのが長州藩です。

桂小五郎はその長州藩の武士でした。(印象操作)

ただ、桂小五郎は攘夷に対しては慎重派だったので、西郷さんとも手を組む余地があったみたい。

ヒー様モードだと落ち着いてる感じ

桂小五郎とヒー様を会わせるべく、ヒー様を飲み屋に呼び出した西郷さん。一橋慶喜でいる時と、ヒー様でいる時で、なんだか雰囲気が違いました。

おふきには「一橋慶喜様とヒー様、どちらが本当のあなたなのですか?」なんて言われていました。我は汝、汝は我、我は汝の心の海より出でしもの。「ヒー様」のペルソナを被っている時が素でいられる感じがします。

ヒー様モードで西郷さんたちに会った時には、なんだか余裕があった感じでした。先週の目にハイライトのない一橋公とはちょっと違った感じでしたね。

西郷さんも前回の張り付いた笑顔がトラウマになっていたのか、あっさり話が通った時の安堵感が伝わる感じ。

身内に狙われるとか怖すぎ!

ヒー様の命を狙ったのはなんと水戸の人間でした。

水戸といえば水戸徳川家の藩主であり、ヒー様の父親でもある徳川斉昭がいるところ。斉昭本人は井伊直弼に蟄居させられたから今回の件には絡んでないはず。というか実の父親が息子を闇討ちしてたら世も末です。幕末だけど。

水戸藩の過激派は煮え切らない態度の一橋慶喜を排してしまおうと考えたみたい。そもそも尊王攘夷って水戸藩の弘道館から生まれた考え方ですし、その藩主の息子が権力を持っていながら攘夷を行わないとは何事か!! という感じなのでしょう。

そんなこと言われたって、ヒー様にとっては身内のはずの水戸藩に狙われるのは心外です。こんな状態で魑魅魍魎が跳梁跋扈する京にいたら命がいくつあっても足りません。

そりゃヒー様も病むわ。こんちきしてもしょーがない。後に長州藩討伐の命令を下す時、「こんちきちん♪ こんちきちん♪」と歌ってるのがめっちゃシュールでした。

人斬り半次郎と西郷無敵斎

るろ剣に出てきそうな名前がちらほら。るろ剣の中だとちょうど人斬り抜刀斎が京都で暗躍している頃ですね。

今回出てきた人斬り半次郎、実は第3話で西郷さんが助けた少年、中村半次郎でした。軒の雫が地面に落ちるまでに3回抜刀できるとか少年漫画的な設定が生えてきました。高速で抜刀するとか、それなんて飛天御剣流でしょうか。

これで思い出したのが西郷無敵斎。結局まだ名前が出てきてるだけですよね? 最後まで正体が語られなかった直虎の竜宮小僧と似た匂いがします。今回はそこまで重要なキーワードじゃなさそうですしいいんですけどね。

さて、半次郎はヒー様を闇討ちした嫌疑をかけられたものの、犯人ではないため、それを証明しようと長州藩の宿まで乗り込み。行動力ぱないの。

長州藩の宿ではオーナーの桝屋喜右衛門と会ったものの、即座に武士だと知っていることを告げる半次郎。この桝屋喜右衛門、実は長州藩の送り込んだ間者で、公家とのパイプ役だったり武器調達などを行っていたりしたのでした。

にらみ合いの中で桂小五郎と会い、「西郷に救われた」と聞く半次郎。敬愛する西郷先生のぐう聖エピソードを聞いて嬉しそうでした。

でもこの半次郎、京では有名だったようで、桂小五郎にも知られてましたし、新撰組にもマークされてるっぽかったですね。

避けられない戦い

新撰組が池田屋を襲撃して、長州藩が御所襲撃を企てていたとしてヒー様は長州藩討伐を決意。桂小五郎も「この量の武器を見られたら言い訳できない」なんて丁寧にフラグを建ててくれましたし、衝突は避けられなかったのかもしれません。

作中では「桝屋店主の古高が吐いたところによると」とさらっと流してましたが、この古高さんは新撰組の鬼の副長である土方歳三に、それはそれはひどい目に合わされて自白させられたみたい。

こんちきヒー様は長州藩討伐の命令を下し、西郷にも出兵するよう声をかけます。

そして一橋慶喜として、「俺の命を狙ったのは水戸だった。もう誰を信じていいかも分からない。お前だけは信じさせてくれ」とヤンデレヒロインのように懇願。その不安げな様子に、武力衝突を避けたい西郷さんもちょっと揺れている感じでした。

さらには勅命として、長州藩討伐に関しては一橋慶喜に任されることとなり、従わなければ薩摩が朝敵になってしまうことに。

もしヒー様が西郷を手元に置いておきたいために孝明天皇に手を回してこの状況に追い込んだのだとしたら、とんだヤンデレヒロインですね。

禁門の変

西郷さんは薩摩の軍賦役ですから、司令官として出兵しないといけません。

薩摩からは弟の信吾や小兵衛が駆けつけてくれました。「あんた本当に戦場に出たことがないのか!?」ってくらいに堂々と出陣の演説をする西郷さん。

それに対するは、長州力率いる長州藩の勢力。御所を狙って出撃してきました。

一人で薩摩兵をちぎっては投げ、ちぎっては投げの奮闘を見せます。そりゃ長州力だもの強いわ。

その剣の腕前で長州力演じる来島又兵衛を討ち取ろうとしますが、西郷さんの弟である小兵衛がスナイプで仕留めました。お兄ちゃんの信吾より活躍したね、君。

指揮官を打ち取ったことで、命を保証し、無駄な戦いはしないよう投降を呼びかける西郷さん。敵であってもできれば助けたい慈愛の精神が溢れます。

が、来島又兵衛が孝明天皇のいる部屋を狙って砲撃してしまっていたため、「長州絶許」を掲げる会津が次々と長州勢に襲いかかって行きました。武器を捨てさせたため、ひどい状況に。

「やめんか!!」と止めに入った西郷さんも足を撃たれてしまいました。あぁもう。

西郷被弾の報せを受けたヒー様は、第一声が「死んだのか?」でした。生きてると知ると、「そうでなくては困る。もっと大きくなってもらわねば。使いがいがあるようにな、牛男」と高笑い。ねじ曲がった愛を感じます。ヒー様、あんた輝いてるぜ。ヤンデレヒロインとして。

まとめ

ストーリー的にはシリアスな場面なのですが、いかんせんヒー様がヤンデレヒロインみたいな感じなのでそちらが気になって仕方ありません。

西郷さんは民のために行動したかったのに、その民が傷つけられてしまう火事が起こってしまいました。西郷さんとしてはこれを防ぎたかったのに……。

次回予告だと刀を持ってヒー様に迫る西郷さんがいたので、そちらも気になります。……今回ヒー様の話ばかり書いたな。

広告

シェアする

猫が主役のアプリがリリース!