TODOWORKS

シェアする

TODOWORKS(トドワークス)はすべての学習者のレベルアップを目指しています。

このブログでは、勉強やトレーニングに使える知識、いわゆる勉強法や練習法を紹介しています。また、TODOWORKSが作成したアプリの特徴、ヘルプ情報の紹介や、アプリの活用例について記載しています。

新作アプリ!!

空とにゃんこと風船と

癒し系縦スクロール避けゲーの『空とにゃんこと風船と』がリリースされました!

勉強法を紹介しているブログでゲームを紹介するという哲学的な矛盾を抱えつつも、勉強の合間の息抜きに!

Android、iOSのスマートフォンで遊べます。

時間管理アプリ

アプリ

時間管理アプリ『ワザマエ文庫』を紹介しています。アプリの活用例についても紹介しているため、ぜひご参考ください。

こちらは現在Android版のみとなっています。

記事一覧

ブログ全体の新着記事です。カテゴリごとの新着は下にあります。

新着一覧

いだてん11話感想「百年の孤独」100年前に世界に挑んだ三島弥彦

いだてん11話感想「百年の孤独」100年前に世界に挑んだ三島弥彦

今回は弥彦回。試合前、プレッシャーに飲み込まれている弥彦に「君が戦うのは他の選手じゃない、タイムだ」と言葉をかけた大森監督がカッコ良かったです。その後の楽しそうに走る弥彦も見ていて嬉しくなりました。

記事を読む

いだてん10話感想「真夏の夜の夢」スウェーデンの風景が素敵な回

いだてん10話感想「真夏の夜の夢」スウェーデンの風景が素敵な回

今回はタイトルがもうアレですが、選手たちの心細さや苦悩が伝わってくる話でした。スウェーデンに来てからマラソンの世界記録保持者という点が取り上げられるようになり、金栗四三にも取材が押し寄せたようです。

記事を読む

いだてん9話感想「さらばシベリア鉄道」大森夫妻、実は20歳差婚でした

いだてん9話感想「さらばシベリア鉄道」大森夫妻、実は20歳差婚でした

誰だ! シベリア超特急だなんて言ったのは!! 今回はほぼ全編シベリア鉄道での移動シーンでした。割とギャグ要員として描かれていた大森夫妻でしたが、今回は彼らの話もあり、すごい人だったことが分かります。

記事を読む

いだてん8話「幾万の敵」は軍歌と詩が元ネタ……これ扱って大丈夫ですかね?

いだてん8話「幾万の敵」は軍歌と詩が元ネタ……これ扱って大丈夫ですかね?

今回は金栗四三の幼馴染が他の人と結婚しちゃったり、三島弥彦が家族から応援してもらえたシーンがあったりと、オリンピック参加を軸にそれぞれの人生でターニングポイントがありました。でも最後に可児くんがオチで持って行きましたね。

記事を読む

いだてん7話「おかしな二人」はニール・サイモンの喜劇だそうで

いだてん7話「おかしな二人」はニール・サイモンの喜劇だそうで

いつの時代も金策は大切です。当時まだ誰もやったことのない、日本人初のオリンピック参加に向けた渡航費の捻出は、「オリンピック? なにそれおいしいの?」なんつってた当時からすると大変だったことでしょう。

記事を読む

いだてん6話「お江戸日本橋」は颯手達治の小説か柴田錬三郎の小説か

いだてん6話「お江戸日本橋」は颯手達治の小説か柴田錬三郎の小説か

今回のサブタイトル候補は複数ありました。……と言っても、同名の小説なんですけどね。日本人初のオリンピック出場、後世からしたらとんでもない栄誉ですが、まだ誰もやってないことだしお金もかかるし……な価値観の当時からすると大きな決断よね。

記事を読む

いだてん5話「雨ニモマケズ」は宮沢賢治の遺作である詩から

いだてん5話「雨ニモマケズ」は宮沢賢治の遺作である詩から

ストックホルムオリムピックの予選会、マラソンで1位ゴールを達成した金栗四三は、嘉納治五郎先生に抱きとめられました。幼い頃夢見たけど叶わなかった夢が、彼の努力によってついに叶いました。こういうのでいいんだよ、こういうので。

記事を読む

いだてん4話「小便小僧」は昭和19年に発表された上林暁の短編小説

いだてん4話「小便小僧」は昭和19年に発表された上林暁の短編小説

今回は文学作品ではないんじゃないか? と不安になりましたが、ちゃんと文学作品として存在しています。上林暁の作品は恥ずかしながら勉強不足で読んだことがないんですよねぇ。あ、本編では金栗少年が今後力を合わせるであろう足袋屋さんと出会いました。

記事を読む

いだてん3話「冒険世界」は明治の終わりから刊行された雑誌の名前

いだてん3話「冒険世界」は明治の終わりから刊行された雑誌の名前

美川氏が読んでいた雑誌が冒険世界でした。あれは本当に当時刊行されていた雑誌で、スポーツの記事や冒険小説が掲載されていました。主筆であり編集長の押川春浪は天狗倶楽部の創設者でもあります。

記事を読む

いだてん2話「坊っちゃん」今年のサブタイトルは文学作品がテーマ!

いだてん2話「坊っちゃん」今年のサブタイトルは文学作品がテーマ!

今年の大河ドラマのサブタイトルは同時代の文学作品から。単行本だけでなく雑誌のタイトルからも付けられているようです。内容については時代の行き来が多くてちょっとついていけてないかも……。

記事を読む

勉強法の記事をもっと見る

勉強法の新着記事です。特に受験生におすすめ。もちろん社会人でも資格勉強などに使えます。

勉強法の新着一覧

メンタルの記事をもっと見る

勉強はその方法だけでなく、考え方も重要になってきます。心の持ちよう、気の持ちように関する記事です。

メンタルの新着一覧

おでかけの記事をもっと見る

勉強ばっかりじゃ疲れちゃう! という訳でストレス解消におすすめなお出かけスポットを紹介しています。

おでかけの新着一覧

時間管理の記事をもっと見る

時間はみんなにとって平等に過ぎるので、同じ時間で効率よくやっちゃおうぜ! というのを語った記事です。

時間管理の新着一覧

技術的な視点で、新卒で入った会社で3年働くメリットを考えてみる

技術的な視点で、新卒で入った会社で3年働くメリットを考えてみる

技術を高める視点から、新卒で入った会社に長く勤めるメリットを考えてみました。まともな会社なら自然と3年以上務めると思うので、その間に経験したことを振り返り、改善・組み合わせなんかを行って技術を高めると吉。3年働けば、技術的にはある程度自信を持つことができます。ブラックは即逃げ推奨。

記事を読む

「とりあえず3年」はどの立場の言葉なのか費用の面から考えてみる

「とりあえず3年」はどの立場の言葉なのか費用の面から考えてみる

お金の面で考えれば、「とりあえず3年」は経営者にとって有利に働く言葉でした。経営者にとっては雇用のコスト回収の目安が3年なので、3年働ける環境づくりと、そもそも3年以上働いてくれそうな人を雇うことを意識してもらえたらよろしいかと思います。

記事を読む

新入社員を雇うコスト、いくらか知っていますか? 結構いい額なんです

新入社員を雇うコスト、いくらか知っていますか? 結構いい額なんです

社員ひとりを雇用するのに必要なコストを試算しています。ここでは新入社員を新たに雇用するケースを考え、その新入社員にいくらのコストが掛かっているかを計算してみました。福利厚生やボーナス、退職金を削ればコストは削減できるものの、果たしてその条件で会社に優秀な人が来てくれるかどうか……なんてところも、経営者視点では悩ましいところ。

記事を読む

What’s TODOWORKS?

TODOWORKSってなんだ?

TODO(やらなきゃいけないこと) + WORKS(お仕事)なんて英語圏の人にとっては不吉な名前をしてますが、TODOは私のあだ名の「とど」から付けています。とどが頑張ります! 的な意味合いです。

今までやったみて良かった勉強法とか仕事の考え方とかを広めて、あなたの選択肢を広げたい! という野望の元、今日もこのブログを書いています。