「 時間管理とお金の管理 」一覧

技術的な視点で、新卒で入った会社で3年働くメリットを考えてみる

技術的な視点で、新卒で入った会社で3年働くメリットを考えてみる

技術を高める視点から、新卒で入った会社に長く勤めるメリットを考えてみました。まともな会社なら自然と3年以上務めると思うので、その間に経験したことを振り返り、改善・組み合わせなんかを行って技術を高めると吉。3年働けば、技術的にはある程度自信を持つことができます。ブラックは即逃げ推奨。

記事を読む

「とりあえず3年」はどの立場の言葉なのか費用の面から考えてみる

「とりあえず3年」はどの立場の言葉なのか費用の面から考えてみる

お金の面で考えれば、「とりあえず3年」は経営者にとって有利に働く言葉でした。経営者にとっては雇用のコスト回収の目安が3年なので、3年働ける環境づくりと、そもそも3年以上働いてくれそうな人を雇うことを意識してもらえたらよろしいかと思います。

記事を読む

新入社員を雇うコスト、いくらか知っていますか? 結構いい額なんです

新入社員を雇うコスト、いくらか知っていますか? 結構いい額なんです

社員ひとりを雇用するのに必要なコストを試算しています。ここでは新入社員を新たに雇用するケースを考え、その新入社員にいくらのコストが掛かっているかを計算してみました。福利厚生やボーナス、退職金を削ればコストは削減できるものの、果たしてその条件で会社に優秀な人が来てくれるかどうか……なんてところも、経営者視点では悩ましいところ。

記事を読む

支払っているものは何か? 時間やお金以外のコストを洗い出す

支払っているものは何か? 時間やお金以外のコストを洗い出す

時間管理においては、時間の投資もさることながら、他のコストを支払っていることも多いです。時間短縮のために、自分がどのようなコストを支払っているか把握することで、費用対効果の測定、可視化が可能になります。

記事を読む

割引は本当にお得なのか? 背後にあるコストについて考えてみる

割引は本当にお得なのか? 背後にあるコストについて考えてみる

割引がお得かどうかは、背後にある条件が、割引された金額に見合っているかどうかを考えた上で判断できます。無料でプレゼント!! なんて宣伝文句の場合、住所や電話番号、メルマガの登録まで必要になることもあります。携帯ショップのプレゼントとかそんな感じですよね。お金の代わりに情報で支払っている例です。

記事を読む

時間を投資するなら作業を自動化するための工夫に投資しよう

時間を投資するなら作業を自動化するための工夫に投資しよう

「時間の投資に関する提案」で述べた自動化の例を考えてみたいと思います。作業の自動化と言えばプログラミング的な話ですが、実は人間の行動も無意識的に行えるようになるまで訓練すると、自動化の効果を得られます。意識しなくてもできるようになると、行動速度も上がっていきます。

記事を読む

時間を投資する話。あなたの行動を手順化してみよう

時間を投資する話。あなたの行動を手順化してみよう

「時間の投資に関する提案」では、時間の投資の方法として、手順化、自動化の例を述べました。ここでは、手順化について具体的な例を挙げたいと思います。手順を洗い出す時だけ時間がかかるものの、以降は手順(マニュアル)に沿って行動すればいいので、他の大事なことに時間を割けます。

記事を読む

目標設定をするなら、自分のいる場所を確認するのが大切

目標設定をするなら、自分のいる場所を確認するのが大切

時間管理を行うためには、まず人生の計画、目標が必要です。この目標を設定することは旅の目的地を決めることに例えられます。旅の目的地にどうやって行くかを決めるためには、まず現在地を知ることが必要です。現在地が分からなければ、どの方向に進んでいいかも分かりません。

記事を読む

積み重ねの威力! 「継続は力なり」はまさに金言だった

積み重ねの威力! 「継続は力なり」はまさに金言だった

定期的に作業の効率化を行いつつ、継続的に時間を積み重ねていくことで、大きな成果を上げることができます。そして、このような目標に向けた時間配分の最適化が時間管理の役割です。時間管理の力を使って、あなたの夢を叶えていきましょう。

記事を読む

時間の投資によって浮いた時間の使い方

時間の投資によって浮いた時間の使い方

「浮いた時間の使い方」は「浮いたお金の使い方」と同じように考えられます。この利潤をどうすべきか考えてみます。自分へのご褒美として消費に回すことも考えられますが、この後さらに大きな利潤を得ることを考えて、時間でも投資について考えてみたいと思います。

記事を読む

1 2