積み重ねの威力(継続は力なり)

シェアする

grow

ある程度の効率化ができたら、効率化された方法を用いて、目標に向けた行動を行う時間を割り当てましょう。

広告

目次

  1. 続けることで大きくなる
  2. 積み重ねは大きな力
  3. 隙間時間も積み重ねる
  4. まとめ

続けることで大きくなる

お金で例えるならば、1日につき1000円を貯金箱に入れる生活をしていれば、1か月後には約30000円が貯まります。
時間の場合も同じように、1日につき1時間、効率化による作業時間の短縮を行うことができたなら、1か月後には約30時間分の空き時間が発生することになります。

丸1日分以上の時間ともなれば、多くのことができますね。

積み重ねは大きな力

このように時間を積み重ねることの威力は計り知れません。まさに継続は力なり、です。

働いていて、中々まとまった時間が取れない方でも、隙間時間を利用しての積み重ねで大きな力となるでしょう。たとえ1日に30分しか時間を割けないとしても、1か月で約15時間、1年では実に180時間分もの時間を積み重ねたことになります。

隙間時間を利用して資格を取得することも、夢ではなく現実的なことなのです。

隙間時間も積み重ねる

会社で働く方にとっての隙間時間と言えば、昼食後、午後の業務開始までの時間であったり、通勤時間などが該当するでしょう。人によっては、早めに会社に出勤し、業務開始までの時間を利用できるかもしれませんし、お客様先の打ち合わせまでの時間を利用できるかもしれません。

これらの時間を使えば、それぞれの隙間時間は短くとも、1日で見た場合に大きな時間となります。さらに、もしその時間が効率化されていた場合、上記の時間以上の効果が得られるでしょう。
(時間) × (効率)により、相乗的に効果が高まります。

まとめ

定期的に作業の効率化を行いつつ、継続的に時間を積み重ねていくことで、大きな成果を上げることができます。そして、このような目標に向けた時間配分の最適化が時間管理の役割です。時間管理の力を使って、あなたの夢を叶えていきましょう。

広告