「 勉強方法 」一覧

人は何かを勉強するとき、基準があると理解しやすい

人は何かを勉強するとき、基準があると理解しやすい

勉強で基準となるポイントを意識すると、理解を助けてくれます。基準を作るのは大変ですが、学校であれば、先生がそれを助けてくれるでしょう。

記事を読む

リストを作って一覧表示すると全体像をつかみやすい

リストを作って一覧表示すると全体像をつかみやすい

全体像を把握するならリストに注目です。また、あなた自身がこれから何か行動を起こす場合、考えたことややることをリスト化することで、漏れやだぶりを防ぐことができます。

記事を読む

家でちゃんと勉強するためには、スケジュールや時間割を決める

家でちゃんと勉強するためには、スケジュールや時間割を決める

家でも時間割を作ってみることで、それに沿って行動することができます。何しようか迷う時間を減らせるので、効率よく勉強を進めることができますよ。もちろん、自由時間もしっかりスケジュールに入れるようにしましょう。きつきつだと続かないですから、負担少なく、効果高く。

記事を読む

いっぱい勉強するなら雨の日! 一定のノイズが集中力を高めてくれる

いっぱい勉強するなら雨の日! 一定のノイズが集中力を高めてくれる

雨の日は勉強に集中するチャンスですよ! 雨の音が余計な雑音をかき消し、勉強に意識を集中させることができます。スマホでアプリをダウンロードして聞くも良し、YouTubeで雨の音を流すのも良し。音の面から集中力を高めていくのがおすすめです。

記事を読む

やらない理由を考えるのは簡単! なので、挙げた理由を解決していこう

やらない理由を考えるのは簡単! なので、挙げた理由を解決していこう

何かをするとき、やらない理由、やらなくていい理由は簡単に思い付きます。これは人間が現状維持を好むため。どんどん理由が出てくるなら、それらの理由をひとつずつ解決しちゃって、やらない理由を無くしちゃいましょう。そうすれば、あとはやるだけになります。嗚呼、なんて素晴らしいんだ!

記事を読む

言葉の意味を覚えるなら単語カード! 記憶の強化に最適なツールです

言葉の意味を覚えるなら単語カード! 記憶の強化に最適なツールです

単語カードを使って単語を覚えるのはまさに受験生、という感じだけど、実は大人でも単語カードを使って何かを覚えることは有効です。短時間で何度も同じ情報に接することができるので、記憶に残りやすい方法です。覚えたカードを外していけば、まだ覚えていない単語に集中できるのも良いところ。

記事を読む

略語を覚えるときは、元の意味に戻して覚えるのが一番楽です

略語を覚えるときは、元の意味に戻して覚えるのが一番楽です

略語を覚えるときは、元の単語に戻して覚えるのが一番楽です。元の単語が長いからこそ、覚えるための情報がたくさんあるのです。一度覚えてしまえば、略語から意味を思い出すのも簡単なので、新しい略語に行き当たったらこの方法を試してみることをおすすめします。

記事を読む

音読したものを録音して通学中に聞く、という自給自足な勉強法

音読したものを録音して通学中に聞く、という自給自足な勉強法

教科書の内容を音読して、それを録音し、電車での通学中に聞くという勉強法です。電車で教科書が開けなくても、勉強を続けることができます。録音したものを聞く時だけでなく、音読によるレコーディング時にもアウトプットをしているため、勉強の効果が高くなりやすいんですよね。

記事を読む

暗記するときに声を出すのは王道だけど、もうちょっと深めてみる

暗記するときに声を出すのは王道だけど、もうちょっと深めてみる

声を出して音読する勉強法について、もう少しアイディアを足してみます。自分の喉を使ったり、体全体を使ったりすれば、より強く記憶に残るようになるので、歴史上の人物の気持ちになってカラオケでシャウト、歴史上の出来事で劇やコントを作ってみる、なんて方法を紹介しています。

記事を読む

知っている事と出来る事の違いは、検証による情報があるかないか

知っている事と出来る事の違いは、検証による情報があるかないか

物事に関する知識を得ただけでは、まだスタートラインに立ったのと同然です。その知識を使って、検証を行うことで身に付いたと言えるのです。検証を行うという「もう一歩」を踏み出すことで、あなたの知識や理解が深まっていきます。勉強もプログラミングも、テストが大事なんですよね。

記事を読む

1 2