「 勉強方法 」一覧

由来やルーツを知ることで、知識と理解が深まっていく

由来やルーツを知ることで、知識と理解が深まっていく

物事の由来、ルーツを知ることで、その物事に対する知識、理解が深まっていきます。単純に物事、事象を記憶するのに比べて、由来まで知っておくと、知識が広がり、応用が利くようになります。「なるほど、そうだったのか!」なんて感動が由来に隠れているので、ぜひ。

記事を読む

大切なのはイメージ! 漢字を覚えることはスポーツにも似ている

大切なのはイメージ! 漢字を覚えることはスポーツにも似ている

漢字を覚える、覚えた漢字を書く、といったときには、漢字のイメージが重要です。そのイメージに沿って腕を動かすことで、漢字を思い出しやすくなったり、おまけに綺麗な字を書くことができます。

記事を読む

ボールペンがあなたのやる気を加速する! ボールペン勉強法

ボールペンがあなたのやる気を加速する! ボールペン勉強法

丸で伏せたのにあっという間に答えを言ってしまいます。答えはボールペンです。その手に持っているシャープペンシルをボールペンに持ち替えるだけのシンプルな方法ですが、様々なメリットが存在するのでぜひお試しあれ。使い切ったボールペンの数だけあなたの自信になってくれますよ。

記事を読む

質問は相手への思いやりも必要。理解のために質問する力を磨く

質問は相手への思いやりも必要。理解のために質問する力を磨く

質問をして理解を深めるのは大事なことですが、質問をするときに相手への思いやりの心を忘れないようにしましょう。 質問に答えてくれるのは当然のことと考えず、相手の厚意に感謝しつつ、適切な質問を行うのが大切です。

記事を読む

教え合うことで互いの理解を深めるのも勉強方法のひとつ

教え合うことで互いの理解を深めるのも勉強方法のひとつ

お互いに教え合うことで、理解を深めることができます。人に何かを教えるためには3倍の理解が必要と言われるように、教えるための内容をまとめることでも大きな効果があります。また、相手から質問を受けることで新たな疑問が生まれ、それがさらに理解を加速させます。

記事を読む

1つの教科を極めて成功体験を作り、その勉強方法を応用する

1つの教科を極めて成功体験を作り、その勉強方法を応用する

効率を上げる1つのやり方として、1つの教科をまず極める、という方法があります。1つの教科を極めることで、成功のイメージをつかみやすく、また、極めたときの勉強方法を他の教科に応用できます。他の教科は最低限赤点を食らわないレベルを維持しつつ、まずは1つマニアックに攻めてみるといいかも。

記事を読む

順番があるものは、通学時の停車駅に関連付けて記憶する

順番があるものは、通学時の停車駅に関連付けて記憶する

あなたがいつも使っているものと関連付けることで、記憶を思い出しやすくなります。例えば、徳川家15代の将軍を覚える時には、通学で通過する駅名と関連付けると、順番と合わせて覚えることができます。

記事を読む

勉強で詰まったときは、前の段階に戻って足元を固める

勉強で詰まったときは、前の段階に戻って足元を固める

勉強をしていて行き詰まりや、伸び悩みを感じたら、前の段階に戻って理解度を確認してみましょう。前の段階の知識が、今の段階の前提条件になっている場合、復習によって今の理解度が上がります。簡単なことのようで、案外みんなやっていないので差をつけるポイントになります。

記事を読む

なぜOKか、なぜNGなのか。選択肢を選んだ理由を考えてみよう! 選択肢総当たり法

なぜOKか、なぜNGなのか。選択肢を選んだ理由を考えてみよう! 選択肢総当たり法

「選択肢から選ぶ」という行為に着目した、あなたのレベルをひとつ上に導く方法をご紹介します。それは、テストなどで提示された選択肢全てについて検討する選択肢総当たり法です。単純に正解を導くだけなら1つの選択肢を選びますが、必ずその他の選択肢も検討することで何倍もの勉強になります。

記事を読む

1 2